京都工芸繊維大学 電子システム工学専攻
電子物性工学研究室(林・高橋研究室)

Home About Members Researches Publications Access
研究概要

「ナノテクノロジーとデバイス・エネルギー・宇宙」
 

 本研究室では、先端電子材料であるカーボンナノチューブや半導体プロセスに関する研究・開発を行っています。中でもプラズマを用いることに特徴があります。

カーボンナノチューブ

 カーボンナノチューブとは、機械的強度及び熱的強度に優れており、化学的に安定な電子材料です。これらの性質からフラットパネルディスプレイ(SED)の電子源や太陽熱発電、ガス貯蔵などへの利用が期待されています。そこで本研究室では、カーボンナノチューブを作製し、それらの物性について評価しています。

微粒子プラズマ

 ダストを含むプラズマ(微粒子プラズマ)の 基礎物性を研究しています。現在、国際宇宙ステーションでの実験プロジェクトにも参加しています。

プラズマエッチング

 次世代の超大規模集積回路(ULSI)におけるトランジスタ材料の加工プ ロセスを開発しています。具体的には、フッ素系プラズマを用いて高誘電率ゲート絶縁膜の加工速度や特性、エッチング機構を知ることを目的として研究しています。